By ふくもと歯科クリニック | 28 7月, 2012 - 6:08 am
Posted in Category: ブログ

昨日は土用の丑の日でしたね。

暑いときにはうなぎを食べて精をつけるというこの習慣。

しかし土用になぜうなぎなのでしょうか?

時は幕末、万能学者の「平賀源内」が

知人のうなぎ屋から夏場にうなぎが売れないことを相談され

「本日、土用の丑の日」と張り紙をしたところ

大盛況だったのが始まりと言われています。

ですが近年はうなぎの稚魚不足とのことで、うなぎの価格が上がっています。

一部では、うなぎを食べないでという団体もあるみたいですね。

古来からの日本の食文化、来年も安心してうなぎが食べられるよう

うなぎ業界の方に頑張っていただきたいところです。

This entry was posted on 土曜日, 7月 28th, 2012 at 06:08 and is filed under ブログ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Permalink | うなぎ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.